2020年9月24日 未分類 0

私が悩んでいたのは、年齢によるお肌のくすみと頬のたるみです。30代の頃と比べて40代は明らかに変化が見られる年代で、こんなものなのかと諦めの境地でした。しかし、鏡を見るたび暗い気持ちになるのもどうかと思い直し、スキンケア方法や食生活を見直す事にしました。 私が実践したスキンケア方法は、メイク落としの際、負担をかけずに汚れを落とすクレンジングを使う事(ダブル洗顔無し)と、美容液やクリームに頼るのではなく、たっぷりの化粧水をつける事です。2回に分けて補水するようにしています。潤いが十分になってから、フェイスリフトアップをするのに合わせてリッチタイプのクリームのみで仕上げます。 私が化粧水中心の保湿ケアとリフトアップを始めてから2週間を過ぎたころから、頬のたるみや乾燥による小じわが少なくなり、顔のラインも少しシャープになってきました。スキンケア商品の良し悪しもあるでしょうが、血行の改善と保湿、程よい顔の筋肉を保つエクササイズ、この3つの同時実践が一番だと思いました。実際、使用しているスキンケア商品はドラックストアーで購入出来る程度の、製薬会社が年齢肌用に開発した商品で、お値段も3,000円前後のシリーズです。 化粧水中心の保湿ケアとリフトアップをおすすめしたい人は、年代に関係なく、乾燥やたるみ、むくみを感じ始めて悩む人全てにおすすめしたいです。しいて言えば30 代半ばから始めて、毎日の習慣にしておくと良いかもしれません。おすすめ出来ない方があえているとすれば、既に深いシワとたるみがあり、食生活が悪い方でしょうか。効果を感じにくいと思います。 大切なポイントは力をいれすぎず、肌に対して水平方向に力を入れない事と、化粧水の塗布はひと呼吸おいて2回に分ける事です。
そして間を空けずにクリームを伸ばしながらリフトアップするマッサージを施すだけです。首のリンパ腺を優しくマッサージするとさらに効果が上がる気がします。
【口コミ調査】シンスボーテの効果ってどうなの?