2020年9月20日 未分類 0

私が悩んでいたのは、敏感肌に合うスキンケア化粧品がなかなかみつからなかったことです。長年使用していたスキンケア化粧品がありましたが、ある年の花粉症の季節に突然合わなくなり、顔の皮膚が赤くなり、ローションをつけるとヒリヒリし、しまいには肌がごわついてしまいました。その後、いろいろなスキンケア化粧品を試しました。 私が実践したスキンケア方法は、自分に合う過敏肌用のスキンケア化粧品をとことん探したことです。他の敏感肌の人が合っても、自分に合うとは限らず、ネットショップやコスメサイトなどのレビューを参考にしつつ、一つひとつ試してみました。刺激が少ないのはもちろん、自分には油性のものが合わないようで、現在はエトヴォスのスキンケア化粧品に落ち着いています。洗顔は、アレッポの石鹸などで優しく洗います。そのあとローション、美容液でうるおし、最後にクリームを少量ぬっています。 私が、現在のスキンケア化粧品(エトヴォス)にして、4,5年たちますが、肌の調子は落ち着いています。花粉症の時期にも特にゆらぎなどもありません。以前は、顔に赤みがさしていたのですが、自分の肌の色のように勘違いしていました。今のスキンケア化粧品にして、赤みがさすことはありません。時々、うっかり別のローションなどに「浮気」すると、すぐに肌が赤くなるので、うかつに変えられません。 エトヴォスのスキンケア化粧品をおすすめしたい人は、敏感肌の人です。特にオイルなどでアレルギーがでる人に合うのではないかと思います。また、オールインワンなどで物足りないと感じている人にもおすすめです。季節や肌の調子によってクリームの量を調節すると良いと思います。 実践したいと思われる方は、敏感肌で悩んでいる方だと思います。自分がそうだったのですが、ある人に合う方法が、自分にも合うかというと必ずしもそうではありません。ですから、気長にあきらめずに探してゆかれることが大切だと思います。
ドクターワンデル