2020年7月23日 美容 0

『洗顔するときに、力一杯ゴシゴシせずに泡で優しく洗顔をする。』スキンケアのひとつである洗顔において誰もが聞いたことがあって誰もが気を付けていることだと思います。

理由としては肌が傷つき、またシワができやすいためなので、これは男女ともに避けたいことです。しかし、この力加減は結局合ってるのか?と不安になることはありませんか。そこで私がしているのは薬指1本で洗うということです。このこともどこかのテレビで見た情報だと思いますが、厳密には思い出せません。洗顔料でクリームができたら顔全体に塗ります。そして顔は天を仰ぎます。俯くと顔の筋肉が下に落ち、上を見ると肌も落ちないと聞いたことがあるからです。両手の薬指でクルクルと小さな円を描くようにして洗います。薬指なので力を入れても、あんんまり力が伝わらず丁度いい力加減になってくれます。顎スタートで顔面の下からおでこに向かう順路を中心から外を小分けにクルクルと回しながら洗っていきます。次に同じく顎スタートで中心から外側に向かう順路で下から上を小分けにまたクルクルと洗っていきます。細かいところの鼻や眉はその箇所のみを洗うように丁寧に薬指でクルクルと回して洗います。そして洗い流し残しがないように私はシャワーを使って、しっかりと流します。そして洗い立てのタオルを使ってゴシゴシせずに押し当ててしっかりと水気を取ります。仕上げは化粧水などで肌を整えます。手のひらを使うよりも時間がかかりますが、優しく洗えますので是非オススメです。
FACEE(フェイシー)ブライトUVクリームの口コミは?