2019年12月21日 健康 0

肉類や魚介類、卵、乳製品などに含まれているたんぱく質や脂質の多い食事に偏ってしまうと、悪玉菌が増える要因なってしまいます。

でも、その悪玉菌を増やす食品をまったくとらないというのは現実難しいです。また厳しい制限は続かないと思います。

 

腸内に多くの種類の菌が存在する「多様性」、これは整った腸内フローラの重要なポイントの1つとなります。

いろいろな食べ物を楽しんみながら食べることは、腸内細菌の多様性を高めるため『腸内フローラ』にも良い影響をもたらします。

また、『腸内フローラ』を整える(=腸活)ために大切なのは、善玉菌を増やすものを積極的に摂ることが必要です。

 

理想的な『腸内フローラ』に整えるには、善玉菌を摂るのが良いといわれています。

また、善玉菌のエサとなるものと合わせて摂取することで、より効果を高めることができます。

 

身体に良い善玉菌を含むものをプロバイオティクス、その善玉菌の栄養源となるものをプレバイオティクス、そして両方を合わせて摂ることをシンバイオティクスといいます。

食事は腸内環境を整えるのに必要ですが、善玉菌を増やして悪玉菌を増やさないようにするのを食事だけで実践していくのは難しいです。

そこで利用したいのがサプリです。なかでもさまざまな乳酸菌がとれるピュアフローラが人気です。ピュアフローラ 効果が高いと評判です。